映像制作の見積もりの取り方について

  • 映像制作の費用を抑える方法について

    • 映像を見る場面や時間が、最近大幅に増えてきています。
      パソコンやスマートフォン、タブレットなどの普及により、映像を見る機会が増え、また、映像を見ることができる端末を持ち歩くことが普通になってきているので、誰でもどこでも、時間が少しあれば映像を見ることができるようになってきています。
      映像は、文字や写真だけの広告よりも、説得力が高く、印象にも残りやすいため、積極的に映像を使う企業が増えてきていることも背景にあります。



      映像制作を依頼する時には、安いものではないので費用が気になりますが、単に安い映像を依頼しても、宣伝効果が低ければ料金がむだになってしまいます。



      料金が少し高くても、宣伝効果が高ければ、その映像は費用対効果が高くなり、結果的にリーズナブルなので、このことを押さえて納得できる映像制作を依頼するk十がポイントです。



      映像制作で最も費用がかかるのが、スタッフや出演者などの人件費です。



      出演者に有名なタレントを使う場合はもちろんですが、スタッフや監督、カメラマンなども有名であればそれだけ費用がかかります。



      機材やスタジオによっても費用は変わり、カメラや照明、録音機材の種類や台数によっても費用が異なりますが、クオリティーを見極めて、作品の目的や用途に合ったバランスを見極めて切れる制作会社が良い会社と言えるでしょう。



      費用を節約するポイントとしては、メインに新人タレントを使わないことと言われています。



      知名度がなく効果的でなかったり、経験が浅くリテイクを何度も出してしまったりするからですので、参考にしてください。



  • 関連リンク

    • 私たちの生活の中で映像文化は切っても切れないものとなっています。それはとりわけイベントやセレモニーの際に顕著であり、たとえば結婚式の披露宴におけるビデオレターや、新郎新婦のこれまでの半生を演出した紹介映像、それに笑いに満ちた余興の映像作品などは欠かせないひとつのお楽しみとなっています。...

    • テレビが主な媒体だった以前に比べ、最近は、スマートフォンやパソコン、タブレットなど、様々な種類のメディアが増えて、家でも外でも簡単に動画を見ることができるようになりました。一日の中で、ネットに触れないという人が少なくなってきており、映像の宣伝力も高まってきています。...